富山遠征+柏餅

4月29日(祝)

夜勤明けだったので昼過ぎまで家で一息ついてから、14時30分頃出発。
東海北陸道を一気に北上して、富山県内のゆらん温泉めぐりを開始します。
この日は「つるぎふれあい館 アルプスの湯」と「天然温泉 海王」に入浴。
その後、富山駅近くのビジネスホテルに泊まりました。

4月30日(金)

早起きして、チェックアウト前に富山市内線の未乗車区間(丸ノ内~大学前)と、
昨年開業したばかりのセントラムに乗車しました。

チェックアウト後は高山本線の婦中鵜坂駅まで車で移動して、
周辺でキハ58+28の走行風景を撮影。この日は旧国鉄色が運用に入っていました。
路面電車乗車中から降り出していた雨も、お目当ての列車が来る頃には上がっていたので、
撮影に大きな影響が出なかったのは幸いでした。

婦中鵜坂キハ58

その後再び富山駅に戻ってコインパーキングに車を停めておき、
今度は普通列車で速星駅まで移動。
折り返し、さっき撮ったキハ58+キハ28に乗車してきました。
すでにラッシュを過ぎた時間帯だったので、車内はガラガラでした。

続いて、富山空港へ。ターミナルビルの展望デッキに着いた頃には、
11時着のアシアナ航空ソウル便はすでに到着済みでした。
続いて出発する、全日空東京便の離陸をここで撮影。

富山ANA-B767

午後はターミナル側が逆光になってしまうので、
滑走路の反対側の神通川の河川敷に向かいます。
この日のターゲットは、ウラジオストク航空のYak-40と、
チャーター便で飛来する台湾の復興航空のA321。

ウラジオYak-40

背景の北アルプスも奥のほうは雲の中でしたが、何とか姿を現して、
富山らしい風景の写真を撮ることができました。

復興航空A321

このほかにエア・ドゥのB737-500なども撮影したあと、再び湯巡りモードへ。
砺波平野の東端をかすめて南下しながら、
「ゆーゆうランド花椿」「新五箇山温泉 ゆ~楽」「くろば温泉」に入浴。
これで、富山県内のゆらん施設は全制覇。全体での残りも29箇所まで減りました。

あとは自宅へ帰る・・・といきたいところですが、
五箇山ICから東海北陸道~東海環状道~伊勢湾岸道~東名阪~伊勢道と走り、
伊勢・おかげ横丁まで一気に南下します。

5月1日(土)

伊勢に着いたのは日付が変わる直前。早速朔日餅の仮整理券をもらったところ、
番号は150台。週末の割には少ないという印象でした。
このあと、本整理券配布の3時半頃まで近くのマンガ喫茶で仮眠をとります。

再び赤福本店前に戻り、本整理券を受け取ったところでmol君、Yusshiさんと合流。
いつも通り若松屋のはんぺんをかじったりしながら開店を待っていたのですが・・・、
5月とは思えないほど寒い。上着の上にフリースの毛布を羽織って何とか凌げるくらいでした。

そんな状況を見ていたのかどうかわかりませんが、いつもより早めに開店して、
5時過ぎには餅を購入することができました。その後は本店内で作りたてを食べながら一服。

柏餅2010

今回の朝食は、浦田駐車場横にある「野あそび棚」で「イナダの汁かけご飯」。
ご飯の上のイナダの切り身に熱いだし汁をかけると表面だけ熱が通り、
絶妙の味わいでした。

イナダ汁かけ1

イナダ汁かけ2

帰りはところどころで休憩しながらのんびりと走り、昼前に自宅着。
足掛け3日、約900kmのロングドライブとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です