先島・聖地巡礼の旅 その1

投稿日: カテゴリー

お待たせしました。先日の沖縄旅行記、アップ開始です。

今回の旅の目的は、先島(八重山・宮古)の聖地=絶景ポイントを巡ることです。
聖地といってもいろいろあるのですが、今回選んだのは・・・

  • 波照間島のニシ浜
  • 下地島のランウェイ17エンド

の2ヶ所。どちらも、沖縄屈指のきれいな海が見渡せるポイントです。
それを欲張って、1回の旅行で訪れてみることにしました。

◎5月12日(水)

朝9時半まで夜勤をこなしたあと、昼過ぎに自宅発。JALの午後便で那覇へ。
那覇空港では乗り継ぎ時間が1時間半ぐらいあったので、お土産の品定めとかをしていました。
(行きから買っていては荷物が増えるだけなので・・・)

那覇から乗り継いだ石垣行きの飛行機が飛び立つ頃にはすっかり夕暮れで、
石垣空港に着く頃には空は暗くなっていました。
この日は離島桟橋近くのビジネスホテルに泊まります。

◎5月13日(木)

最初の聖地、波照間島を目指して朝一番の高速船に乗ります。
この日は海がすごく穏やかで、大きな揺れはほとんどなく快適な船旅。
1時間ほどで波照間島に到着です。

港にはお世話になる宿のヘルパーさんが迎えに来ているはずなのですが・・・
自分の姿を見つけるなり、相当びっくりしていました。(^^;
というのも、そのヘルパーさんは3年前に黒島に行ったときに知り合った人。
今は波照間の宿で働いているということなので、今回そこに泊まってみることにしたのです。
予約や石垣を出たという連絡の電話ではあえて名前だけを伝えていたので、
直前まで自分だとは気づかれず・・・。狙い通り、サプライズ成功です(^^)

今回泊まった宿は、「ゲストハウスNami」。

Nami-1

Nami-2

素泊まりの宿なのですが、さしみ屋ととうふ屋も兼業しているので、
夜のゆんたく(おしゃべり)タイムにはこのような刺身とゆし豆腐が振舞われるというのが
最大のポイントです。

刺身と豆腐

話を日中に戻すと、この日は泊まり合わせた人と昼食を食べに行ったり、
夕方にはニシ浜のあずまやに行ってちょっと読書をしたりと、基本的にのんびりとしていました。

昼食は波照間港ターミナルの食堂「海畑(いーのー)」で八重山そば+泡波のロック。
この泡波、希少種ということで千種区某所の飲み屋では1杯2000円するのですが、
ここでは普通に300円で飲めるのがありがたいです。(^^)

八重山そばと泡波

夜は星空観測タワーに行けたらなんて思っていたのですが、
雲が多かったので結局飲んでいただけでした・・・。(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です