先島・聖地巡礼の旅 その3

投稿日: カテゴリー

◎5月15日(土)

楽しかった波照間島滞在もあっという間に終わり、下地島へ移動します。
どちらも空港のある島なんですが、直行便(というか定期便自体)はありません。
なので、石垣島・宮古島・伊良部島を経由する大移動となります。

朝の1便の高速船に乗るため、ヘルパーのMちゃんに港まで送ってもらいます。
10月に黒島で再会することを約束しつつ、お別れです。

出航の時は、桟橋からたくさんの人が手を振って見送ってくれます。
中には防波堤の先まで来る人も・・・。

波照間見送り1

波照間見送り2

こちらも負けじと手を振り返します。さよなら、波照間島。

高速船は多少揺れたものの、特に遅れることなく石垣島に到着。
石垣島から宮古島へは飛行機で移動です。
「琉神マブヤー」ジェットが止まっていたのですが、これは那覇行きだったので乗ることができず。

琉神マブヤー1

琉神マブヤー2

宮古島までは30分もかからずに到着。ただ、着いたとたん雨の出迎えとなります。
レンタカー屋の兄ちゃんの話では、今朝は大雨だったとか。
昨日の夕方、波照間で降らせた雨雲が宮古まで動いていったのでしょうか・・・?

昼食や買い出しを済ませてからレンタカーごとフェリーに乗り、伊良部島経由で下地島へ。
早速今夜の宿「オーシャンハウスinさしば」にチェックインします。
あわせてタッチアンドゴー訓練の時間を教えてもらうと、まもなく3ラウンド目が始まるとのこと。
荷物を部屋に放り込んで、すぐにランウェイ17エンドに向かいました。

この頃には雨は上がっていましたが、空は厚い雲に覆われたまま。
滑走路は17使用だったので着陸機を間近に見ることができますが、海の色はいまいち。
それでも、見物に来ている人はちらほらいました。

下地B767-0515-1

下地B767-0515-2

訓練は40分ほどで終わったのでこちらも撤収。
この日は移動の疲れもあったので、早めに休みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です