ムリーヤ in セントレア

投稿日: カテゴリー

An-225 ムリーヤ。ロシア(旧ソ連)製の、世界で最も重い飛行機。
それがセントレアに飛来するということで、見に行ってきました。

スカイデッキには13時30分頃着いたのですが、すでに人、人、人。
とても平日の真昼間とは思えない混雑ぶりです。
何とかフェンス際に撮影スペースを確保して、タワーの交信を聴きながら待機します。

14時過ぎ、「アルファー・デルタ・ブラボー」で始まる便名の飛行機との交信が始まりました。
アントノフ設計局の略称、ADBのフォネティックコードをそのままコールサインにしているようです。
まもなく着陸許可が下りるとともに、機体が肉眼でも確認できるようになりました。

まだ遠くにいるはずですが、存在感は抜群です。

An-225進入1

徐々に高度を下げながら近づいてきます。

An-225進入2

そしてタッチダウン!! 14個のメインギアから上がるスモークは迫力が違います。

An-225着陸1

6基のエンジンをフルにリバースして減速。

An-225着陸2

H型に配置された水平尾翼と垂直尾翼が強烈な個性を発揮しています。

An-225タキシング1

下半角をもたせた主翼とおむすび断面の胴体が、軍用輸送機っぽい雰囲気です。

An-225タキシング2

胴体上の出っ張りは、ソ連版スペースシャトル「ブラン」を搭載するための装備だとか。

An-225タキシング3

「ご用の際はこちらへ!」とばかりに、電話番号とFAX番号、メールアドレスが。

An-225タキシング4

B737と比べると大きさの違いは歴然です。

An-225タキシング5

もっと近くで見たかったのですが、貨物地区の一番奥へ行ってしまいました。

An-225タキシング6

An-225タキシング7

ちなみにこの日、B747LCF(ドリームリフター)もいるはずでしたが、
スケジュール変更があったのか、その姿はなし。
「夢の競演」はかないませんでした・・・。

一通り撮影&見物が終わったあとお茶を飲んで一息つき、
そのあと再びスカイデッキに出てちょっとだけ撮影を続けてました。

大韓3機並び

JAL-B772

また、ばったり出会った天研の大先輩、Rさんに80-400mmVRレンズを貸していただけたので、
試しに撮ってみました。

ANA-B737

ANA-Q400

・・・やっぱり、自分の持ってる高倍率ズームレンズとは解像力がケタ違いです。
あ~、もう一本飛行機向けにレンズが欲しくなってしまった・・・。

その後、対岸のりんくうビーチから何とかムリーヤの姿が撮れないか頑張ってみましたが、
建物がじゃまでこれが精一杯でした。

An-225対岸

そしてその間に降りてきたのは、JALのB747-400とカリッタ・エアのB747フレイター。
しまった、もう少しスカイデッキで粘っていればよかったかも・・・。

JAL-B744対岸

カリッタB747

と、こんな感じの撮影行でした。
それにしても、旧ソ連って、西側の常識を覆すような「異形」ともいえる飛行機を
数多く生み出していたんですね。虜になる人が多いのが何となくわかる気がします。

「ムリーヤ in セントレア」への2件のフィードバック

  1. 先日はどうもでした
    しかしよくもばったりと出会ったものでした
    今朝の新聞に500人の見物客とありましたね

  2. Rさん、こんにちは。先日はお世話になりました。
    それにしても、すごい偶然ですよね~。
    何気なく後ろを振り返ったら姿が見えたので、思わず声をかけてしまいました。
    500人がムリーヤを追っかけてデッキを走り回る光景も、
    ある意味見ものでしたね(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です